> > 九州電力、会員向け「くらしサポート」サービスを拡大 熊本県でも提供

九州電力、会員向け「くらしサポート」サービスを拡大 熊本県でも提供

 印刷 記事を保存
九州電力、会員向け「くらしサポート」サービスを拡大 熊本県でも提供

九州電力(福岡県福岡市)は8月25日、会員向けサイト「キレイライフプラス」で提供している、「くらしサポート」サービスについて、9月1日から提供エリアを拡大し、熊本県においても開始すると発表した。

くらしサポートは、顧客の困りごとを同社が24時間365日受付し、地域のシルバー人材センターと提携して解決するもの。例として、「庭木の剪定をしてほしい(庭の草刈り)」「家事を手伝ってほしい(家事サービス)」「身の回りの世話をしてほしい(福祉サービス)」「子どもの見守りをしてほしい(育児サービス)」などをあげている。

このサービスは、これまで、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、鹿児島県で提供してきた。

8月には子育て家庭向け新サービスをスタート

「キレイライフプラス」では、パソコンやスマートフォンで、電気料金や使用量の照会ができるほか、設定した使用量を超えるとメールで通知するサービスなどを提供している。また、毎日の暮らしをサポートする新サービス「九電あんしんサポート」を展開している。

新サービスで提供しているのは、「子育てサポート」「でんきサポート」「みまもりサポート」「生活トラブルサポート」「お墓サポート」などの8つのサービス。

このうち、ママ・パパを応援する「子育てサポート」は、「妊娠・出産・育児」に関する様々な不安や困りごとを解決するサービスとして、8月1日に開始した。具体的には、子育て世代のニーズに応じた体験型の講座やセミナーの開催、他企業と連携したサービス展開や子育て支援情報の発信に取り組んでいく。

また、第一交通産業(福岡県北九州市)と提携し、講習を受けた従業員が妊婦や子どもに対応する「子育てサポートタクシー」を提供している。

同社は、今後とも顧客に選んでもらえるよう、九電グループ一丸となって引き続き、付加価値のあるサービスの充実を図っていくとしている。

サービス提供までの流れ

サービス提供までの流れ

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.