> > 立山黒部アルペンルートのトロリーバス、電気バスに 充電はパンタグラフ

立山黒部アルペンルートのトロリーバス、電気バスに 充電はパンタグラフ

 印刷 記事を保存

関西電力(大阪府大阪市)は8月28日、関電トンネルで現在運行中のトロリーバス全車両15台を、2019年4月から電気バスに変更すると発表した。また同日、北陸信越運輸局に関電トンネルトロリーバス事業にかかる鉄道事業廃止の届け出を行った。

電気バスを選んだ理由は、環境性と経済性

現在運行中の車両は1993年から1996年にかけて導入したもので、車両老朽化による更新時期を迎えていた。これにあたり同社は、運行ルートが中部山岳国立公園内であることから環境性と運行を考慮しトロリーバスから電気バスに変更する。

(※全文:506文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.