> > 関西電力、「いびき」「食事」など分析する家庭向けサービスを提供

関西電力、「いびき」「食事」など分析する家庭向けサービスを提供

 印刷 記事を保存

関西電力(大阪府大阪市)は8月29日、インテル(東京都千代田区)などと提携し、家庭向け宅内IoTサービス実証試験に協力する関西圏のモニター100世帯を募集すると発表した。

モニターは、同社のウェブサービス「はぴeみる電」会員を対象に、100件募集する。募集期間は8月30日(水)~9月11日(月)。

モニターには、この実証試験「IoTライフプロジェクト」において、環境センサー・ホームゲートウェイを通じて得られた、自宅の二酸化炭素濃度・室温・照度等の住環境に関する情報を、「はぴeみる電」を通じて提供する。

また、住環境に関する情報として、本実証試験に参画している企業(アニモ/神奈川県横浜市、エアウィーヴ/東京都中央区、FiNC/東京都千代田区)のサービスを通じて得られるヘルスケアに関する情報と、スマートメーターを通じて得られる電気の使用量に関する情報をあわせて分析し、健康的な生活をサポートするアドバイスを「はぴeみる電」を通じて提供する。

(※全文:873文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.