> > 工務店向け「建築物の省エネ基準」セミナー 「簡易計算ルート」も解説

工務店向け「建築物の省エネ基準」セミナー 「簡易計算ルート」も解説

 印刷 記事を保存

LIXIL(東京都千代田区)は8月30日、国土交通省の補助事業の受託で、工務店を対象に建築物省エネ法で義務化された「省エネ基準」の適合に向けてサポートする、「省エネ基準セミナー」を9月21日の長野会場を皮切りに、全国89会場で開催すると発表した。

本セミナーでは、国が示す省エネ基準に適合するための基本事項や、より高い水準の性能が求められるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)などについて説明する。

また、建築物の省エネ基準について計算を行うために、2017年4月から導入された「簡易計算ルート」についても詳しく解説する。これは、これまで計算が難しく活用しにくかった「詳細計算ルート」や、算出は比較的簡単に行えるがZEHなど高い省エネ住宅の評価には使用できない「仕様ルート」の両方の課題を解決するものだ。

同社が受託したのは、国土交通省の住宅市場整備推進等事業「省エネ住宅・建築物の整備に向けた体制整備」の補助事業。3年連続で受託し、全国開催の「省エネ基準セミナー」も3年目となる。

今回のセミナーでは、これまでのセミナーと同様、健康で快適な住宅づくりに役立つ高断熱化の内容や、省エネ住宅のメリットを提案するノウハウのほか、今回リニューアルした一次エネルギー消費量を水道光熱費へ換算できるLIXILオリジナル「水道光熱費シミュレーション」の操作方法など施主への訴求ポイントも紹介する。

(※全文:942文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.