> > 千葉大学・ロシアの大学間、植物工場分野での連携プログラムを実施

千葉大学・ロシアの大学間、植物工場分野での連携プログラムを実施

 印刷 記事を保存

植物工場の技術ノウハウを持つ、千葉大学が提案した「極東ロシアの未来農業に貢献できる領域横断型人材育成プログラム」が、文科省の「大学の世界展開力強化事業~ロシア、インド等との大学間交流形成支援~」に採択された。

本プログラムでは、最大規模の植物工場を有する千葉大学環境健康フィールド科学センターを中心に、未来農業ビジネスの一つで先進型園芸施設である、人工光型植物工場、太陽光利用型植物工場の計画、生産から販売までのマネジメントに関わるプロフェッショナルな人材を日本とロシアが共同して育成していく。


この記事は、たとえば

  • 各分野のマーケット情報を収集する事業者にとって、植物工場に関する研究・開発動向として参照できます。
  • 植物工場に関連する製品・サービスの提供事業者にとって、連携可能性のある研究・開発機関として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.