> > 小売スーパー、タワー型水耕栽培の植物工場導入 店産店消型モデル実現

小売スーパー、タワー型水耕栽培の植物工場導入 店産店消型モデル実現

 印刷 記事を保存

垂直タワー型の水耕栽培システムを導入し、コンテナ型植物工場を運営するFriday’s Fresh Marketでは、地元の米国アイオワ州にあるダベンポートにて、地産地消モデルを普及させるために、小売スーパーの壁面スペースを利用した水耕栽培を行っている。

小売スーパー「ハイビー」のメインとなる入口の壁面(スターパックスが入る店舗の壁面)には、約2.5メートルのタワー型水耕栽培が2セット、2017年5月に設置した。設置・運営は「Friday’s Fresh Market」が行い、収穫した野菜は、スーパー側が全量買い取り、店内の地産地消コーナーにて販売される。


この記事は、たとえば

  • スーパーやショッピングセンターなどを運営する事業者にとって、調達・自社ブランド確立などの新しい取り組みの検討材料になります。
  • 取り付け型の水耕栽培システムを販売する事業者にとって、海外での導入事例として参考にできます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.