> > 林野庁レポート 2016年、5道県で木材チップの消費量が大幅増加

林野庁レポート 2016年、5道県で木材チップの消費量が大幅増加

 印刷 記事を保存

林野庁は9月6日、 2016年における木質バイオマスエネルギーとして利用された木材チップの量は、全体で773.4万トン(前年比12.0%増)。このうち間伐材・林地残材等に由来するものは191.7万トン(前年比64.2%増)だったと、調査速報を公表した。

この「平成28年木質バイオマスエネルギー利用動向調査」は、木質バイオマス(木材チップ、木質ペレット、薪、おが粉など)のエネルギー利用動向を把握する目的で実施されたもの。

調査の対象は、木質バイオマスをエネルギー利用している発電機やボイラーを有する事業所。2016年の同調査では、全国1,413事業所のうち、95%にあたる1,343事業所の回答が得られた。

調査項目は、事業所の概要、利用した設備の動向、公的補助の活用状況、利用した木質バイオマス量について。

(※全文:1329文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.