> > 電通グループ企業、東大発の農業IoTベンチャーに出資

電通グループ企業、東大発の農業IoTベンチャーに出資

 印刷 記事を保存

電通国際情報サービス(ISID/東京都港区)は9月8日、東京大学発のベンチャーで、農業IoT事業を展開する、ベジタリア(東京都渋谷区)の株式を第三者割当増資により取得した発表した。出資金額は4億9,997万5,000円。

先進的な農業IoTソリューションを提供

ベジタリアは、最新の植物科学とテクノロジーを駆使した農業向けソリューションを提供している。たとえば、圃場の環境情報や作物の生育状況を常時モニタリングできるIoTセンサ「フィールドサーバ」や、水田センサ「パディウォッチ」、地図情報をベースに圃場管理や農作業の記録ができるクラウド型営農管理システム「アグリノート」等を、先進的な農業IoTソリューションとして提供している。

(※全文:1172文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.