> > 電力ビジネスにもドローン 送電線を自動追尾して点検する実験成功

電力ビジネスにもドローン 送電線を自動追尾して点検する実験成功

 印刷 記事を保存

東芝デジタルソリューションズ(神奈川県川崎市)とアルパイン(東京都大田区)は9月5日、関西電力(大阪府大阪市)の協力を得て、電力インフラ巡視・点検を目的としたドローンによる架空送電線(空中敷設送電線)の自動追尾飛行と自動撮影の実証実験に成功したと発表した。

同実証は、2016年9月に両社が提携することで合意した、産業用ドローンによる電力インフラ向け巡視・点検システムの共同開発事業の一環で実施されるもの。アルパインの航行制御技術(GPS、ジャイロ機能、地図情報連携など)でドローンを安全に効率良く飛行させ、東芝のIoT基盤上で、撮影した点検対象物の画像を処理・分析することにより、落雷による送電線のアーク放電の痕跡などの要点検箇所を短時間で検出する。

今回行われた実証実験では、東芝デジタルソリューションズと共に画像データを用いた保全業務の高度化に取り組んでいる関西電力の協力を得て、同社能力開発センター(大阪府茨木市)に設置された鉄塔間の訓練用の送電線(実際の送電線と同等規模だが、電気を流すことのない設備)を用いて、自動追尾飛行や自動撮影を行った。

(※全文:1016文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

前後の記事

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.