> > ペロブスカイト太陽電池(フィルム型)、エネルギー変換効率10.5%に

ペロブスカイト太陽電池(フィルム型)、エネルギー変換効率10.5%に

 印刷 記事を保存

東芝(東京都港区)は9月25日、独自の塗布印刷技術を用いて、フレキシブルで軽量なフィルム型ペロブスカイト太陽電池モジュールを作製し、5cm×5cmサイズで世界最高の変換効率10.5%(電気安全環境研究所/東京都渋谷区の測定)を達成したと発表した。

この開発では、PEN(ポリエチレンナフタレート樹脂)のような樹脂フィルムを基板として用おり、セル構造として摂氏150度以下の温度で作製可能なプレーナ型逆構造(図1)を採用した。

大面積化に対しては有機薄膜太陽電池の研究開発で培ったメニスカス塗布印刷技術で、CH3NH3PbI3(メチルアンモニウムヨウ化鉛)ペロブスカイト多結晶膜の均一成膜に成功し、セルごとの特性ばらつきを低減させてモジュールとしての効率を向上させた。

また、モジュール作製に必要なスクライブ(電極上の膜の一部分を取り除き、電極を露出させる工程)工程では、刃圧の最適化と、弱い刃圧でも電極上の膜が良好に除去できる材料の組み合わせにより、ガラス基板を用いた場合と同等なレベルにセル間抵抗を減少させ、変換効率を向上させた。

(※全文:1151文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.