> > ライザップ、お惣菜に植物工場産・機能性キノコ「ITはなびらたけ」採用

ライザップ、お惣菜に植物工場産・機能性キノコ「ITはなびらたけ」採用

 印刷 記事を保存

インタートレード(東京都中央区)は、RIZAP(東京都新宿区)が今後展開するRIZAPの栄養学に基づき開発した新しい惣菜を提供する新業態「REzap」、「zapDELI」の惣菜に植物工場で生産した「ITはなびらたけ」を採用した。

インタートレードは、事業多角化の一環として2012年よりはなびらたけを中心としたヘルスケア事業を開始した。

はなびらたけは標高1,000m以上の針葉樹に寄生し、天然ではめったに見かけることのない珍しいキノコであり、上質なβグルカンやアミノ酸、その他有効成分が豊富という特徴がある。


この記事は、たとえば

  • 植物工場ビジネスを運営、参入を検討する企業にとって、栽培する作物やその販路について参考になります。
  • 健康・医療・飲食業界の企業にとって、高機能性作物の製品・サービス採用事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.