> > 複数のEMSで空調制御→デマンドレスポンス ベトナムでJCM事業開始

複数のEMSで空調制御→デマンドレスポンス ベトナムでJCM事業開始

 印刷 記事を保存

ダイキン工業(大阪府大阪市)とTHEパワーグリッドソリューション(東京都千代田区)は9月27日、NEDOの二国間クレジット制度(JCM)にかかわる調査事業の採択を受け、複数のビルの空調制御システムを活用したデマンドレスポンスの導入に向けた調査を、ベトナムにおいて開始すると発表した。

この調査では、ベトナムにおける電力料金制度や電力使用状況の実態を調査するとともに、電力消費の約4割を占めると言われている空調の制御システムを活用したデマンドレスポンスの導入効果を試算する。

調査の内容は、高効率空調、エネルギーマネジメントシステム(EMS)、電力会社の系統状態監視・制御システム、デマンドレスレスポンス管理などの日本の技術の活用し、温室効果ガス削減につながるベトナムの電気料金制度のあり方について。調査は、2017年9月から2018年2月まで実施する予定。

(※全文:1014文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.