> > 石垣島、観光客向けにレンタル電動スクーター設置 太陽光発電で充電

石垣島、観光客向けにレンタル電動スクーター設置 太陽光発電で充電

 印刷 記事を保存

住友商事(東京都中央区)と沖縄県石垣市は9月28日、石垣島において、観光産業と自然環境との共生に向けたエコアイランド化を目指す取り組みで提携すると発表した。第一弾として、年度内に石垣市内に、バッテリー交換式電動スクーターを導入し、交換式バッテリー用充電ステーション「GoStation®」を数カ所に設置する事業に着手する。

自然環境に配慮した交通手段を観光客や市民に提供することで、利便性の向上とCO2排出量削減を図る。また、GoStationの一部には太陽光パネルを設置し、再生可能エネルギーを活用する。さらに災害時には防災拠点への緊急電力供給の役割を担う設備としても活用する予定。

本事業では、石垣市が内閣府の沖縄離島活性化推進事業補助金を活用し、再生可能エネルギー設備を島内に設置。住友商事が電動スクーターとGoStationを導入して事業運営を実施する。

(※全文:860文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.