> > コンクリート塊を再利用した「再生砕石」の品質基準 東京都が認証

コンクリート塊を再利用した「再生砕石」の品質基準 東京都が認証

 印刷 記事を保存

東京都環境局は、産業廃棄物のコンクリート塊を原料として作られた「再生砕石」の利用拡大を支援する認証制度において、初めて民間団体等が定めた優れた再生砕石の品質基準を認証(基準認証)した。

路盤材など4基準について認証

今回、初の基準認証を取得したのは、東京建設業協会(東京都中央区)、東京建物解体協会(同)、東京都産業廃棄物協会(東京都千代田区)。3者連名の申請に対する認証。品質基準は、「東京ブランド『粋な』えこ石」シリーズの路盤材、浸透トレンチ材、グラベルコンパクション材、裏込材の4基準。

これらの再生砕石を使用する工種・材料について、都が定める土木材料仕様書等に照らして「優位性が認められる品質基準」と認証された。

基準の特長として下記3点が挙げられている。

(※全文:909文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.