> > 鉄道建設の債券が「グリーンボンド」として発行へ 環境投資の促進図る

鉄道建設の債券が「グリーンボンド」として発行へ 環境投資の促進図る

 印刷 記事を保存

環境省は、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が「神奈川東部方面線」の建設資金として2017年11月に発行を予定している債券をグリーンボンドガイドラインへの適合性の確認を行うモデル発行事例として採択したと発表した。

この「第109回鉄道運輸機構債券」(10年債)は、環境省による確認を受けた後、同ガイドラインへの準拠を確認したモデル発行事例となり、環境省お墨付き「グリーンボンド」として発行される予定。

なお、この債権を資金使途とする「神奈川東部方面線」は、相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線を建設するもの。この鉄道利便増進事業の完成により、バス・自動車を利用していた顧客が鉄道を利用することで、CO2の削減量は約1,800t-CO2/年、NOXの削減量は約18t-NOX/年となると試算している。

(※全文:1023文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.