> > EMSの性能を都市規模でシミュレーションできる「配電系統モデル」公開

EMSの性能を都市規模でシミュレーションできる「配電系統モデル」公開

 印刷 記事を保存

早稲田大学スマート社会技術融合研究機構(ACROSS/東京都新宿区)は10月11日、東京電力パワーグリッド(東京都千代田区)、中部電力(愛知県名古屋市)、関西電力(大阪府大阪市)が運用する実配電線データに基づき、面的に広がる大規模(都市規模)な配電系統モデルを構築し、国内外に公開したと発表した。

この配電系統モデルは、エネルギー管理システム(EMS)を定量的に評価するための汎用的な計算シミュレーションプラットフォームとしての役割を担う。これにより、国内外の各研究機関は、太陽光発電等の分散型電源が大量に導入された時に生ずる課題や、それを解決するための制御方法など、需要家の実態に即した都市規模シミュレーションを同一条件で行うことができるという。

(※全文:790文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.