> > loTでスマート賃貸住宅 大東建託・東京電力が実証試験スタート

loTでスマート賃貸住宅 大東建託・東京電力が実証試験スタート

 印刷 記事を保存

大東建託(東京都港区)と東京電力パワーグリッド(東電PG/東京都千代田区)は、東電PGが提供する宅内loTプラットフォームを活用したスマート賃貸住宅の共同実証試験を10月11日から開始した。

この実証試験では、対象となる住宅の分電盤に、住宅全体の電気の使用状況を測定する専用電力センサーを設置。検出したデータは、無線LANで住宅内のルーターに送信する。それにより得られた電力データを活用した新たなサービスを検討・検証することを目的としている。

オーナー・住民ともにメリット

このプラットフォームを利用すれば、共用部の電力消費を把握した賃貸住宅全体のエネルギーマネジメントや、共用灯(外廊下やエントランスなど)の電球切れや、設備故障などの異常を未然に検知できる。

(※全文:729文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.