> > セメント製造時のCO2→藻類→バイオプラスチック 筑波大など開発着手

セメント製造時のCO2→藻類→バイオプラスチック 筑波大など開発着手

 印刷 記事を保存

三菱マテリアル(東京都千代田区)は10月16日、筑波大学、筑波大学発ベンチャー企業の藻バイオテクノロジーズ(茨城県つくば市)、日本電気(NEC/東京都港区)と共同で、「セメント製造工程で発生する高濃度CO2の特定藻類への効率的な固定化技術」と「培養した藻類から高機能なバイオプラスチック素材を製造する実用化技術」の開発に着手すると発表した。

今回行われる技術開発では、三菱マテリアルがセメント製造プロセスから高濃度かつ低有害成分のCO2を回収する技術開発を行う。さらに、実排ガスを用いた藻類培養条件の最適化をラボ試験で行った後、培養槽を用いた実証試験を、同社と筑波大学が共同で実施する。

また、最終的には、回収された高濃度・低有害成分のCO2ガスを利用して、光合成により特定藻類を生産し、高強度・高耐熱のバイオプラスチック素材を製造する。なお、これらの製造工程では、セメント製造時の低温排熱が、同工程の熱エネルギーとして利用される予定だ。

(※全文:1204文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.