> > 日本気象協会の電力価格予測サービス、全国9エリアごとにパワーアップ

日本気象協会の電力価格予測サービス、全国9エリアごとにパワーアップ

 印刷 記事を保存

日本気象協会(JWA/東京都豊島区)は、日本卸電力取引所(JEPX/東京都港区)のスポット取引価格を人工知能(AI)によって予測・配信するサービスで、新たに全国9エリアの卸電力取引価格「エリアプライス」の予測データの提供を10月23日から開始すると発表した。

これにより、小売電気事業者や発電事業者は、エリアプライスの予測データを活用し、全国9エリアの市場価格やそのエリア間の価格差を考慮した、より経済的・効率的な電力調達計画の作成につなげることができるとしている。

なお、同協会では、2017年8月からスポット市場での30分ごと(1日48コマ)の予測価格(システムプライス)をオンラインで配信するプライス予測サービスを開始していた。今回、多くの顧客からの要望に応えて、サービスを拡充したという。

(※全文:776文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.