> > 植物の体内時計のしくみ、解明される 植物工場など精密制御技術に寄与

植物の体内時計のしくみ、解明される 植物工場など精密制御技術に寄与

 印刷 記事を保存

大阪府立大と科学技術振興機構(JST)は、刺激に対する応答性を精密に計測できる新手法を開発し、植物がもつ幅広い同調性の詳細とそのメカニズムを明らかにすることに成功した。

この研究の成果は、植物工場など人工栽培環境下における体内時計の精密制御技術の開発につながると期待されると同時に、過剰な応答性が引き起こすさまざまな生育不安定性の解明につながると期待される。


この記事は、たとえば

  • 植物工場関連の製品・サービスを提供する企業にとって、植物制御の最新技術として参考になります。
  • 植物工場ビジネスへの参入を検討する事業者にとって、今後のポテンシャルをはかる参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.