> > シャープ、土壌分析装置を発売 わずか10分間で養分6種類の量を測定

シャープ、土壌分析装置を発売 わずか10分間で養分6種類の量を測定

 印刷 記事を保存

シャープライフサイエンス(兵庫県神戸市)は、農作物の生育に必要な土壌中の養分6種類(硝酸態窒素、アンモニア態窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム)について、わずか10分間で過不足を測定できる土壌分析装置『EW-THA1J』を発売する。

面積の限られた日本の農地では、長年にわたる連作や過度な施肥などの影響により、一部に養分過多や成分バランスの乱れが生じている。そのため、農作物の生育障害や収穫量の減少が懸念されており、土壌分析に基づく適切な施肥の必要性が高まっている。


この記事は、たとえば

  • 農業関係者にとって、土壌分析のソリューションとして参考になります。
  • 植物工場や都市型農業に対し製品・サービスを提供する企業にとって、競合他社の製品として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.