> > 国際航業、クラウド型営農支援サービスを開始 農作物の生育状況を診断

国際航業、クラウド型営農支援サービスを開始 農作物の生育状況を診断

 印刷 記事を保存

グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ株式会社傘下の国際航業(東京都千代田区)は、10月11日からクラウド型の営農支援サービス「天晴れ(あっぱれ)」の提供を開始する。

同サービスは、人工衛星やドローン(UAV)を使って撮影した画像から様々な情報を読み取るリモートセンシング技術を、農地や農作物の生育状況診断に応用したもの。


この記事は、たとえば

  • 農業関係の事業者にとって、スマート化を推進するサービスとして参考になります。
  • 農業のスマート化・ICT化のニーズに対し製品・サービスを提供する企業にとって、競合他社の展開事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.