> > 植物工場の技術で「スマート養蚕」の研究開発スタート

植物工場の技術で「スマート養蚕」の研究開発スタート

 印刷 記事を保存

新菱冷熱工業は、農林水産省の2017年度委託プロジェクト研究「蚕業革命による新産業創出プロジェクト」を、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構らと共同受託し、植物工場・環境制御技術を利用して「スマート養蚕システム」の研究開発をスタートした。

このプロジェクトは、遺伝子組換えカイコから検査薬・医薬品・化粧品等の原料となる有用タンパク質や新機能シルクの生産などを行うことで、蚕業における新産業創出の加速を目的としており、実施期間は、2017年9月から2022年3月末までを予定している。


この記事は、たとえば

  • 植物工場関連の製品・サービスを提供する企業にとって、自社技術を応用した多角化の参考になります。
  • 植物工場ビジネスを導入する事業者・参入を検討する事業者にとって、生産物の例として参照できます。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.