> > 日本、次なる輸出の布石を打つ 太平洋の島国向けに再エネ普及の研修会

日本、次なる輸出の布石を打つ 太平洋の島国向けに再エネ普及の研修会

 印刷 記事を保存

環境省は、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)とともに、アジア・太平洋の島嶼国などの行政官を対象に、途上国において再生可能エネルギーを普及させる上で必要な能力を構築することを目的に、再生可能エネルギー導入支援研修を実施したと発表した。

この研修は、気候資金へのアクセス(獲得)のためのプロジェクト提案書作成に焦点を当てて行った。受講者は、実際のプロジェクト提案書作成を想定した実践的な演習を通じ、プロジェクト形成に伴う資金アクセスについての理解を深めた。

研修名は「気候資金へのアクセスのためのプロジェクト提案書作成を通じた再生可能エネルギー導入支援研修」。研修日程は10月23日(月)~27日(金)。実施場所は環境省、外務省、ANAクラウンプラザホテル神戸(神戸市)、淡路島。

(※全文:1134文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.