> > 米国で植物工場レストラン急増 健康・環境志向の消費者ニーズ高まる

米国で植物工場レストラン急増 健康・環境志向の消費者ニーズ高まる

 印刷 記事を保存

アメリカ南部の都市エリアでは、人口増と所得向上により、健康志向や環境志向に目覚める消費者が急増しており、狭い面積で効率よく生産できる植物工場や水耕栽培技術に注目が集まっている。

例えば南部の大都市、テキサス州「ダラス」でも、多くのレストランが店産店消モデルを実践している。

古くから地産地消を推進しているレストラン「Parigi」では地域コミュニティを重視しており、多くの食材を周辺エリアから調達している。季節の地元食材を採用し、メニューも2か月に1度は変更される。


この記事は、たとえば

  • 植物工場ビジネスへの参入を検討する事業者にとって、海外での導入事例として参照できます。
  • 植物工場や都市型農業に対し製品・サービスを提供する企業にとって、競合他社の海外展開の事例として参考になります。
  • 飲食業関係者にとって、食材調達・プロモーションの事例として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.