> > 宮城県の災害時ラジオ局に「自立型水素エネルギー供給システム」導入へ

宮城県の災害時ラジオ局に「自立型水素エネルギー供給システム」導入へ

 印刷 記事を保存

東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は10月30日、「Koboパーク宮城」(宮城球場/宮城県仙台市)内に設置する自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」を、宮城県から受注したと発表した。着工は2017年11月、運転開始は2018年3月からの予定。

この供給システムは、再生可能エネルギーと水素を活用した、電力を安定的に供給できるCO2フリーな自立型水素エネルギー供給システム。

太陽光発電蓄電池、水素製造装置、水素吸蔵合金タンク(水素を低圧で大量に吸収・放出できる水素吸蔵合金を利用した水素タンク)、純水素燃料電池などで構成される。

構成機器は、コンテナ1台に格納されている。これにより省スペース化を図ることができ、施工期間も1/3に短縮。どこにでも簡単に設置できるコンテナパッケージを実現したという。また、最適制御運転機能により、効率的に水素を「つくる」「ためる」「つかう」ことができるとしている。

(※全文:1107文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.