> > 東芝の太陽電池モジュール新製品(単結晶280W) 変換効率17.1%

東芝の太陽電池モジュール新製品(単結晶280W) 変換効率17.1%

 印刷 記事を保存

東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は、住宅用太陽電池モジュールの新製品として、高効率で低価格帯の「GXシリーズ」280Wモデルを11月20日から販売する。

外形寸法は、高効率単結晶セルの採用により、現行GXシリーズ255Wモデルと同じ大きさ、1,650×990×40ミリメートルを実現した。また、最大モジュール変換効率は17.1%を達成した。

電極間の送電距離を短くし、送電ロスを抑制

この製品は、太陽電池セルの表面に電気を通す電極を4本配置した「4本バスバー電極」により電極間の送電距離を短くすることで、電気抵抗による送電ロスを抑え、280Wの高出力を実現。さらに、反射による光の損失を減らす技術「ARコート(反射低減シート)」により発電効率を高めた。

希望小売価格は12万6,800円(税抜)。製品保証期間(出力)は20年で、パワーコンディショナなどの構成機器の保証期間は10年間。

(※全文:608文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.