> > 世界最大の香料メーカー・ジボダン、CDP評価リストの気候変動でA評価

世界最大の香料メーカー・ジボダン、CDP評価リストの気候変動でA評価

 印刷 記事を保存

ジボダンジャパン(東京都品川区)は11月7日、スイスのジボダン社が、環境開示プラットフォームを提供する国際的非営利団体であるCDPが企業に対して行っている評価リストの「気候変動」分野で「A」評価を獲得したと発表した。

この評価リストは、CDPの質問書に回答した企業に対し、それぞれの分野で最高位A、A-、B、B-、C、C-、D、D-、の8段階で評価がされるもの。

科学的根拠に基づく温室効果ガス排出削減目標が評価ポイント

ジボダン社は、2016年度のGHG(温室効果ガス)排出削減行動を、低炭素エネルギー・エネルギー効率・輸送の3つのカテゴリーで行った。例えば、主要拠点3か所での再生可能電気への100%移行、環境に優しい化学原則の採用、ルート設定の最適化、コンテナへの充填をさらに効率化した統合戦略が挙げられる。

9月に同社が発表した「科学的根拠に基づいたGHG排出量削減目標への移行」は、気候変動Aリスト評価の重要な要件の一つ満たしているという。

(※全文:1514文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.