> > 低圧の太陽光発電、資源エネ庁からのお願い みなし認定は電子申請で

低圧の太陽光発電、資源エネ庁からのお願い みなし認定は電子申請で

 印刷 記事を保存

経済産業省 資源エネルギー庁は、固定価格買取制度(改正FIT法)における、新制度への移行手続(みなし認定手続)が完了していない10kW未満の太陽光発電事業者が、今年度中の変更手続を希望する場合の注意点をまとめ、公表した。

電子申請で速やかに手続きを!

旧制度において認定を取得した事業者は、原則としてみなし認定手続完了後に変更手続を行うよう現在案内している。これに該当する10kW未満太陽光発電設備のみなし認定手続の締め切りは2017年12月31日。

(※全文:765文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.