海草などがCO2を吸収・固定する「ブルーカーボン」 国交省が支援へ

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです
ブルーカーボンについて
こちらをクリックすると拡大します

国土交通省は11月10日、沿岸の藻場やマングローブ林を中心とした海洋生態系が炭素を吸収・固定する「ブルーカーボン」の活用によるCO2吸収源対策の検討を支援すると発表した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報