> > 海草などがCO2を吸収・固定する「ブルーカーボン」 国交省が支援へ

海草などがCO2を吸収・固定する「ブルーカーボン」 国交省が支援へ

 印刷 記事を保存

国土交通省は11月10日、沿岸の藻場やマングローブ林を中心とした海洋生態系が炭素を吸収・固定する「ブルーカーボン」の活用によるCO2吸収源対策の検討を支援すると発表した。

各国の地球温暖化対策が本格化する中、その主要な対策の一つとして吸収源対策が位置付けられているが、森林などの吸収源に加えて、「ブルーカーボン」が新たな吸収源として注目されている。すでに一部の国では、CO2吸収源対策として、ブルーカーボンの活用に取り組んでいる。

このような動きを受けて、みなと総合研究財団(東京都港区)と港湾空港総合技術センター(東京都千代田区)は、2016年度にその活用に関する検討を目的とした「ブルーカーボン研究会」を設立。

これまで、ブルーカーボンにかかわる現状把握が行ってきたが、今年度は、その活用に向けた現状と課題の抽出を行い、その対応策について検討する。

(※全文:747文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.