> > 東京都のLED電球交換事業、スピードダウン 用意した100万個さばけるか

東京都のLED電球交換事業、スピードダウン 用意した100万個さばけるか

 印刷 記事を保存

東京都は、家庭向けの省エネ対策として実施している、白熱電球をLED電球と交換する事業で、7月10日(月)から11月12日(日)まで18週のLED電球の交換実績が、14万6,022個になったと発表した。

しかし、9月24日(日)まで11週間でのLED電球の交換実績は10万2,624個だったものの、その後の7週間では4万3,398個増にとどまり、勢いは鈍化している。月間ベースの交換実績は約3万6,500個で、思うようにLED電球への交換が進んでいない。

今後、省エネにあまり関心がない世帯へのアプローチとして、交換場所を増やすことで対応する。そのため東京都は、10月2日から電球の交換場所である地域の家電店(参加協力店)の追加募集を行っていた。

(※全文:688文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.