> > 電力消費制御「リアルタイムプライシング」の穴 停電など防ぐ方法発見

電力消費制御「リアルタイムプライシング」の穴 停電など防ぐ方法発見

 印刷 記事を保存

名古屋大学の東俊一教授と岡山県立大学の泉晋作助教は、JST戦略的創造研究推進事業において、電力価格を調節することで電力消費の抑制・促進を促す方法である、電力のリアルタイムプライシングの安定性を保証する設計条件を解明した。

再エネの大量導入に向けて電力消費を制御

従来の電力システムでは、電力の消費量に合わせるように電力供給(発電)を制御してきた。その一方、ピークカットのために、また、発電量の調節が容易ではない再生可能エネルギーの大量導入に向けて、電力消費も制御することが望まれている。

この制御方法のひとつがリアルタイムプライシングで、スマートグリッドにおける中核的技術の1つと位置付けられている。

(※全文:1466文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.