> > ソフトバンクなど、IoT・ロボットを活用したスマートビルの実証実験へ

ソフトバンクなど、IoT・ロボットを活用したスマートビルの実証実験へ

 印刷 記事を保存

ソフトバンク(東京都港区)と、日建設計(東京都千代田区)は11月27日、IoTやロボットを活用した次世代のオフィスビル「スマートビル」を共同で開発するための業務提携を結んだと発表した。この提携に基づき、両社では共同実証実験を順次開始し、数年後には共同開発したオフィスビルの完成を目指している。

IoT・ロボット技術で電気代などを節約

この実験では、ビルの清掃、警備、設備管理などにIoTやロボットの技術を活用する。

例えば、人を感知するセンサーで照明や空調を効率的に制御して、電気代を節約する。また、清掃や警備にロボットを導入して人件費を削減し、オフィスビル全体の運用にかかる費用を低減する。

(※全文:860文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.