> > スマートビルの実証実験 まずは喫煙室で温度・湿度・CO2データ分析

スマートビルの実証実験 まずは喫煙室で温度・湿度・CO2データ分析

 印刷 記事を保存

NTT都市開発(東京都千代田区)は11月30日、NTTグループのディメンションデータジャパン(東京都港区)と共同し、同社所有のビルにおいて、IoT/M2Mプラットフォームを活用したスマートビルディングの実証実験を開始すると発表した。

この実証実験は、オフィスビルの喫煙室で行う。人感センサーがユーザ人数・位置データを測定し、環境センサーが温度・湿度・CO2などの様々なデータを取得。その相関関係をシステムが分析するというもの。

それら結果は、IoT/M2Mプラットフォームからスマートデバイス・パソコン・ビル制御システムなどに送られる。喫煙室の混雑情報の提供や、利用状況に応じた清掃頻度の見直し、リアルタイム空調制御への活用も模索し、ビルの快適さと環境負荷軽減の両立をめざす。

(※全文:725文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.