> > 大阪府、市民2人からの意見を反映し「温暖化対策実行計画」を改定 

大阪府、市民2人からの意見を反映し「温暖化対策実行計画」を改定 

 印刷 記事を保存

大阪府は12月7日、地球温暖化対策を総合的・計画的に推進するための「大阪府地球温暖化対策実行計画(区域施策編)(改定案)」に対して、府民から募集した意見(パブリックコメント)を取りまとめ、公表した。あわせて、府民からの意見などを踏まえ、この計画を改定した。

計画全体に関すること、大阪府域における適応の意義、自然災害や健康などの分野別の影響と適応の方向性、適応の推進にあたっての考え方について意見を募集した結果、2名から9件(うち意見の公表を望まないもの1件)の意見などがあった。

なお、今回の改定では、国において地球温暖化にかかわる計画が策定されたことなどを踏まえ、この計画を府の「適応計画」として位置づけ、2030年度の府域における温室効果ガス排出量の削減見通しを追加し、廃棄物部門の対策指標を設定している。

寄せられた意見などの概要とそれに対する大阪府の考え方は、以下のとおり。

(※全文:1460文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.