> > 白色LED照明、さらに演色性アップへ 東京工大などが蛍光体を新開発

白色LED照明、さらに演色性アップへ 東京工大などが蛍光体を新開発

 印刷 記事を保存

小糸製作所(東京都港区)は12月11日、東京工業大学、名古屋大学の研究グループと共同で、新しい「白色LED用赤色蛍光体 FOLP:Eu2+(Fluorine Oxygen Ligand Phosphor)」の開発に成功したと発表した。

今回開発された蛍光体は、白色光を得るために青、緑、黄色などの他色の蛍光体と混合したとき、他の蛍光を再吸収しない。そのため、色ずれを起こさず、安定した色度の白色光が得られるという。

特異な結晶構造を持つ新物質で課題を払拭

従来、白色LEDは、赤成分の不足により十分な演色性(色の再現度合指標)が得られないため、赤色蛍光体を追加実装することで、自然光下における高演色化を図っていた。

(※全文:1565文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.