> > 水素コジェネレーションの熱・電気、病院などに供給する実証実験

水素コジェネレーションの熱・電気、病院などに供給する実証実験

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は12月11日、大林組(東京都港区)と川崎重工業(同)が、水素から作られた熱(蒸気)と電気を、近隣の公共施設に供給するシステムの実証試験を開始すると発表した。

同2社は、12月10日に実証プラントを神戸ポートアイランド地域に完成させ、今後、システムの安定性や運用性について実証する。

この実証事業は、NEDOの助成事業「水素社会構築技術開発事業/水素CGS活用スマートコミュニティ技術開発事業」(実施期間:2015年度~2017年度)として、同2社が実施するもの。

実証試験では、水素を燃料とする1MW級ガスタービン発電設備(水素コジェネレーションシステム)の燃焼安定性や運用性を確認する。また、この設備により発生させた熱や電気を、近隣4施設(ポートアイランドスポーツセンター、神戸国際展示場、下水処理場、中央市民病院)に供給することを通じて、地域コミュニティ内でのエネルギーの最適制御システムの運用性を確認する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.