> > NEDO、火力発電所のCO2回収・固定化技術の調査事業を公募

NEDO、火力発電所のCO2回収・固定化技術の調査事業を公募

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は12月14日、「次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/CO2排出削減のための要素研究調査」を委託する企業や大学などの募集を開始した。公募締切は2018年1月5日。

この調査事業では、CO2排出量の大幅削減に向けた長期的なロードマップの実現に向け、火力発電所などから排出されるCO2の回収技術や固定化技術について、文献などで調査する。また、それらの技術の実現性を議論する専門家ワーキンググループ(WG)を開催して、2050年までの長期視点を見据えたクリーン・コール・テクノロジー(CCT)を想定し、これらの技術の実現性を議論し、CCTの将来展望について有望技術の探査を行う。

CCTとは、環境低負荷型の石炭利用技術の総称で、従来の石炭火力発電所の発電効率の向上や、SOx、NOx、ばいじんなどの環境負荷の低減、その他の環境低負荷型エネルギー利用プロセスに寄与する石炭利用技術をいう。また、石炭を燃焼させた後のCO2の固定化や貯留の技術も含まれる。

事業期間は、NEDOの指定する日から2018年度6月末日まで。

CO2の回収・固定化技術を調査

具体的な業務内容は下記の通り。

(※全文:1401文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.