> > 日本の温暖化対策を取りまとめた報告書が公表 政策などリストに

日本の温暖化対策を取りまとめた報告書が公表 政策などリストに

 印刷 記事を保存

環境省は、「気候変動に関する国際連合枠組条約(UNFCCC)」などに基づき、日本の温暖化対策・施策などをとりまとめた「第7回国別報告書(NC7)」と「第3回隔年報告書(BR3)」をとりまとめ、条約事務局に提出した。

提出した報告書は、2018年3月以降、専門家審査チームによる審査を受けた後、条約補助機関会合(SBI)の下で、多国間評価(MA)が行われることとなる。

どちらの報告書も、国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)決定である、それぞれの報告ガイドラインに準拠して作成・提出されている。概要は以下の通り。

(※全文:1245文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.