> > 500度で溶ける低融点ガラス より簡単に、いろいろなLED照明の部材に

500度で溶ける低融点ガラス より簡単に、いろいろなLED照明の部材に

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所(産総研/東京都千代田)は2月8日、同研究所の無機機能材料研究部門 高機能ガラス研究グループが、石塚硝子(愛知県岩倉市)と共同で、耐水性、耐熱性、耐光性を持つ無色透明な低融点ガラスを液相法(溶液などの液体を原料として、固体、粉末、薄膜などを合成する方法)によって500℃程度の低温で作製する技術を開発したと発表した。

500℃で溶融、型に流し込むだけ

この技術は、ガラス前駆体液(ガラス化する前の液体状の原料混合物)を500℃程度で溶融させ、型に流し込んで成形できるガラスを作製するというもの。

このガラスは、今後、高輝度化するLED光源で、LED用のレンズや透明封止剤などさまざまな光学材料への応用が期待されるという。

また、低温の溶融設備しか保有していないユーザーでも利用でき、様々な型を用いた多様な形状のガラスが比較的簡便に作製できるとした。

リン酸と金属化合物でガラスの前駆体液を調整

今回開発した技術では、まず、常温で流動性を示すリン酸と、物性を制御するための種々の金属化合物を原料とし、ガラスの前駆体液を調製する。

この前駆体液を加熱すると、500℃程度で流動性を示すガラス融液が得られ、これを型に流し出し冷却することで、ガラスが得られる。

ガラスの屈折率などの物性は、前駆体液に添加物を加えておくことで調整できる。

(※全文:1991文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.