> > 東京都のLED照明交換事業、達成率約20% テコ入れでヤマダ電機が提携

東京都のLED照明交換事業、達成率約20% テコ入れでヤマダ電機が提携

 印刷 記事を保存

東京都とヤマダ電機(群馬県高崎市)は、家庭向けの省エネ対策で連携すると発表した。その第一弾として、ヤマダ電機は東京都の白熱電球をLED電球と交換する事業に参加・協力し、東京都内37店舗で3月3日から7月9日まで、同交換事業を実施する。

なお、東京都とヤマダ電機は、今後その他の連携する取り組みについて具体的内容を協議した上で実施していく。

1年で100万個交換のはずが8カ月間の実績は約20万個

東京都の「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」は、参加協力店が、白熱電球2個以上とLED電球1個を交換し省エネアドバイスを行うもの。事業期間は2017年7月10日から2018年7月9日まで。

(※全文:748文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.