米GM、全製造拠点にリサイクルの取り組み拡大 埋立て廃棄物をゼロに

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

米ゼネラルモーターズ(GM)は、製造拠点で埋立処分となる廃棄物をゼロとする取り組みを、カナダ、メキシコ、南米にあるすべての製造拠点に拡大すると発表した。すでにこれらの拠点では、日常的な生産活動に伴うすべての廃棄物をリサイクル・再利用するとともに、エネルギーに変換している。

この取り組みは、埋立地不要の廃棄物処理プログラム(landfill-free program)として展開しているもの。今回新たに27施設が埋立廃棄物ゼロ拠点として認定された。これにより、GMの埋立廃棄物ゼロの製造施設と非製造施設は、全世界で142カ所になった。これは他の自動車メーカーをしのぐ規模だ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報