> > 関西電力、子供の登下校見守りサービスを開始 大阪府四條畷市と連携

関西電力、子供の登下校見守りサービスを開始 大阪府四條畷市と連携

 印刷 記事を保存

大阪府四條畷市と関西電力(大阪府大阪市)は3月9日、otta(福岡県福岡市)の持つIoT技術を活用した登下校見守りサービス「かんでん見守り隊 OTTADE!」(OTTADE)の社会実験を、四條畷市内の全小学校にて開始すると発表、同日、協定を締結した。

これは、ビーコン(電波受発信器)を搭載したホイッスル型の専用端末を携帯する児童などの位置情報履歴を、家族や保護者がスマートフォンなどで確認できるサービス。

ビーコンの電波の検知端末である基地局を、住宅や店舗、公共施設などのコンセントに設置することで、固定基地局として速やかにサービス基盤を構築できる。

また、スマートフォンや通信機能を持つ車載端末に専用のアプリケーションをダウンロードすると、検知端末(移動基地局)として利用できる。位置情報は、予め登録した場所を児童が通過した時に、メールで通知することも可能だ。

(※全文:751文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.