> > 環境省の研究開発支援 2018年度は廃棄物やSDGs、水素貯蔵など採択

環境省の研究開発支援 2018年度は廃棄物やSDGs、水素貯蔵など採択

環境省は、3月15日、2018年度の環境研究総合推進費について新規課題を採択したと発表した。

同推進費は、環境省が必要とする研究開発テーマを提示して公募を行い、産学官の研究機関の研究者から提案を募り、外部有識者等による審査を経て採択された課題を実施する、環境政策貢献型の競争的資金。

2018年度の公募は2017年10月2日~11月6日まで実施され、申請数352課題の中から、新規戦略研究プロジェクト(Ⅰ)を1件(14課題で構成)、戦略研究プロジェクト(Ⅱ)を3件(25課題で構成)、個別または複数の環境問題の解決に資する研究と技術開発35課題(革新型研究開発若手枠の10課題を含む)が採択された。

採択された研究課題の詳細は、下表の通り。

(※全文:2064文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.