> > 三菱UFJリース、太陽光発電事業向けグリーンボンド発行 5年債100億円

三菱UFJリース、太陽光発電事業向けグリーンボンド発行 5年債100億円

 印刷 記事を保存

三菱UFJリース(東京都千代田区)は、リース会社として初めて、資金使途を環境対策事業に限定した、グリーンボンド(環境債)を発行すると発表した。これにより調達した資金は、同社が取り組む太陽光発電向け融資事業に充当する予定だ。

今回発行する債券は、国内公募形式による第1回グリーンボンド(国内無担保普通社債)。5年債で発行額は100億円。利率は年0.180%。払い込み期日は4月17日。引受けにおいては、三菱UFJフィナンシャル・グループの三菱UFJモルガン・スタンレー証券(東京都千代田区)が単独主幹事を務める。

なお、同グリーンボンドの適格性については第三者認定機関であるSustainalytics社よりオピニオンを取得し、国際資本市場協会(ICMA)が公表する「グリーンボンド原則(GBP)」の基準を満たす発行に該当することを確認している。

(※全文:1044文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.