> > 山口県、外部給電器でFCVの給電アピール 水素社会に期待

山口県、外部給電器でFCVの給電アピール 水素社会に期待

山口県は4月13日、燃料電池自動車(FCV)で発電した電気を他の電化製品などに供給できる「可搬型の外部給電器」を導入したと発表した。今後、県公用車トヨタ「MIRAI」と同給電器を活用した給電デモンストレーションを県のイベントなどで随時実施する。

この「FCVによる給電デモ」は、水素利活用の機運醸成やFCVの普及啓発、水素エネルギーの多様な活用方法のPR活動として実施するもの。

同県が導入した、本田技研工業(東京都港区)製の外部給電器「POWER EXPORTER 9000」は、定格出力は9キロボルトアンペア(kVA)。出力端子は100ボルトが6口、200ボルトが1口装備されている。

(※全文:1023文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.