> > 食品大手6社の物流革命、まずは九州から共同配送スタート

食品大手6社の物流革命、まずは九州から共同配送スタート

 印刷 記事を保存

味の素(東京都中央区)、カゴメ(愛知県名古屋市)など国内大手食品メーカー6社は、物流業務を効率化しCO2排出量の削減を図るため、2019年1月から九州エリアで、常温製品の共同配送を順次開始すると発表した。

この取り組みでは、現在6社合計で3カ所にある配送拠点を新たな拠点に集約し、配送拠点・配送車両の共同利用により各社の商品の共同配送を行う。共同配送では配送回数が減るため、納品先の荷受時の負担も軽減される。

新たな配送拠点では、各社の情報システムと連結して物流情報を一元化することで、在庫管理や配送車両の手配などの物流業務の効率化を図る。また長期的に懸念される人手不足に対応するための設備導入も予定している。

(※全文:826文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.