> > 小田急電鉄、蓄電システムを導入 電車の回生電力を再利用

小田急電鉄、蓄電システムを導入 電車の回生電力を再利用

 印刷 記事を保存

小田急電鉄(東京都新宿区)は、小田急小田原線上原変電所(東京都渋谷区)に、回生電力を蓄電池に貯蔵し停電時に電車へ電力を供給する機能を備えた「回生電力貯蔵装置」を5月19日より導入する。

なお、回生電力とは電車のモーターを発電機として作動させ、減速時に制動力を得る電気ブレーキによって生み出される電力のこと。

この装置は、その回生電力を変電所に設置した蓄電池に一時的に貯蔵し、電車を走行させるための電力に再利用することで、運転時の総電力量を削減することができるというもの。また、回生ブレーキ力の安定化による車両停止位置精度の向上など、省エネルギーと安全運行を同時に実現するという。

さらに、停電時の電源供給能力も備えており、複々線地下区間(代々木上原駅~梅ヶ丘駅間)において、大規模停電の際、駅間に停車した列車を最寄り駅まで移動させるための活用を想定している。今後は、この機能の検証試験を行っていく。

(※全文:1105文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.