小水力発電→水素→熱電併給や燃料電池車 水素サプライチェーンの実証開始

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は5月24日、岩谷産業(大阪府大阪市)を共同事業者とした水素サプライチェーンの実証設備が完成したことにより、同設備の本格運用を開始すると発表した。

この実証事業では、2019年度末までの期間、北海道・釧路市・白糠町と連携し、水素の製造から貯蔵・運搬・利用までの一貫した低炭素なサプライチェーンモデルの構築を図る。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報