> > 長野県佐久市、防犯灯約6300基のLED化で調査・リース事業者を公募

長野県佐久市、防犯灯約6300基のLED化で調査・リース事業者を公募

 印刷 記事を保存

長野県佐久市は6月7日、市内防犯灯をLED防犯灯へ交換する「佐久市防犯灯LED化事業に係る公募型プロポーザル」の公募を開始した。

同事業は、同市内防犯灯を一斉にLED防犯灯へ交換することにより、消費電力の削減と機器の長寿命化によって、環境に配慮した低炭素社会へ寄与するとともに、温室効果ガス排出量・維持管理費の削減、市内経済活性化と雇用の創出を図ることを目的として行われる。

同事業は、委託事業の「佐久市LED防犯灯導入調査事業」と賃貸借(リース)契約の「佐久市LED防犯灯導入事業」がある。

佐久市LED防犯灯導入調査事業

導入調査事業の対象は、防犯灯約10,600基(既設LED灯含む)。事業内容と提案限度額は、以下の通り。

(※全文:1201文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.